« 現行品、絶版品、特注トミカ | トップページ | 『別冊ベストカー The消防車』 三推社/講談社 »

2004年04月24日

はるてんのプロフィール

haruten.jpg

信州上田に住んでいます。田舎なので古いトミカの入手が簡単かと思いきや、そんなことはありません。ミニカーショップが沢山ある東京から離れているので、トミカのコレクターには住みにくい地方かもしれません。

トミカをあつめること

私が本格的にトミカを集め始めたのは1998年でした。インターネットで何気なくネットサーフィンしているときに、トミカコレクターの方のホームページを発見し、コレクションとして非常に面白い対象であることに気付がつき、一気にハマってしまいました。

最初は「トミカなんて安いんだし数もそんなに多くないだろうからコレクションは簡単だろう」とタカをくくっていたんですが、始めてみると予想外にバリエーションが多く、またインターネットで調べてみると古いトミカを売っているショップなどの存在もあり、財政難に陥ってしまいました(苦笑)。

トミカを集め始めたきっかけ

以前からモデルカーが好きでプラモデルもいくつか作ったことがありますが、「きれいに作るのが面倒」「塗装が大変」「保存にも気を使う」と、あまりお手軽ではありませんよね。「だったら完成品のミニカーなら楽じゃん」と思って買ったのがきっかけでした。自動車免許を取ったころだったと思いますが、マスコットのようなものが欲しくなり数台のトミカを買いました。そのころはコレクションとして意識していなかったので、それらのトミカは残っているものの、コンディション(保存状態)はあまり良くありません。

また、ちょうど私が生まれた頃にトミカの歴史が始まりましたので、小さい頃、親にトミカを買ってもらった記憶もあります。もうどこかへ紛失してしまって手元にはありませんが、たしかエアポートセットで、ジャンボ機・牽引車・タラップカー・バスがあったと思います。コンテナとコンテナ牽引車があったような気もしますが、うーん、あったかなあ…、あったとすればもったいないことをしたと思います。子供だったので仕方ありませんけど。

私にとってのトミカ

最初にトミカを買い集めたときは飾っておくのが主な目的でしたが、今では立派なコレクターになりました(自分で言うのも変ですが)。コレクション台数は3000台を超え、収納場所に困るようになってきました。

うちのカミさんには、半分あきれられていますが、「そんなに大金がかかるわけでもないみたいだし、少しずつコツコツとできるからいいんじゃないの」と認めてもらっています。トミカコレクションのために家計を圧迫するわけにはいかないのでホドホドに集めています(つもりです)。

トミカの楽しみ

トミカのコレクションには人それぞれの楽しみ方があります。特定の車種やレース関係の車を集めるという方もいらっしゃいますが、私は「トミカならなんでも」という状態になっています。私がトミカ専門にやっている理由は

  • 小さいくせにナカナカのもの
    1/60スケールのミニカーですので、当然細かいところはデフォルメされたりしてしまいますが、それでもフロント周辺などきっちりと作りこんであったりして唸ってしまうものも少なくありません。自分で作ったプラモデルよりもよっぽど出来が良いので、車好きとして眺めるのにも不足はありません。
  • 大きさが手ごろで集めやすい
    全長数センチの手のひらサイズなので、箱に入った状態でコレクションボックスに格納しても場所を取らないという利点があります。見ごたえという点ではちょっと小さすぎるところもありますが、カワイイというトミカ本来の持ち味もあります。
  • 手ごろな値段
    値段も1個360円というお値段で、たいていのおもちゃ屋さんに置いてありますから手軽に買えます。とはいっても手軽に買えるトミカは序の口で、次に説明する絶版品や特注品などに手を出すと出費は加速度的に増えてしまいます。
  • しかし絶版品やバリエーションが…
    トミカコレクションの真髄はこれでしょう。生産中止になった絶版品といっても、おもちゃ屋さんによっては倉庫の中に忘れられていたりしてひょんなことから入手することができたりします。私も田舎のおもちゃ屋さんで青箱のトミカを入手することができて、余計にハマってしまいました。
    また、特注で色々なバリエーションのトミカが出まわります。特注といっても金型は変えられないので、塗装の色が違ったりタンポと呼ばれる印刷が違うだけのものですが、同じ車種のバリエーション違いを集めるのも楽しいものです。また、最近はシールでバリエーションを増やすパターンもあるようです。
  • 並べて見る
    このようにして集まったバリエーションを、一堂に並べてみるのも一興です。もともと小さいので場所を取りませんし、デジカメで撮影するのもそれほど手間はかかりません。ただしこれをやると箱が痛んだりするので、パソコン上で仮想的に並べてみるためにこのホームページを作りました。

これが私の楽しみ方ですが、他にもいろんな楽しみ方があると思います。みなさんはどうでしょうか?


私について

私(はるてん)のプロフィールをご紹介します。

本当のなまえ 竹下治彦
◇生まれた日 昭和44年1月21日
◇住んでいるところ 長野県上田市
◇好きなこと トミカ収集、音楽(ジャズバンド等でトロンボーンを演奏することがあります)
◇好きな女性有名人 山瀬まみ・森高千里
◇小さい頃の思い出のトミカ ニッサンディーゼルダンプトラック、古河ホイールローダ
◇本格的に買い始めたトミカ 頭文字Dセット(1998年)
◇重いと思うトミカ 東急化学消防車、ダイナパックCC21
◇小さいと思うトミカ スバル R1
◇タイヤが大きいと思うトミカ 三菱ふそう東名高速バス
◇タイヤが小さいと思うトミカ トヨタスパシオ

[雑談] 投稿者 はるてん : 2004年04月24日 20:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://hellototomica.com/apps/mt-tb.cgi/267

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?