« はとバス特注 60周年記念 日野セレガ | トップページ | おえかきトミカ工房 日産ディーゼルクオン SNSバージョン »

2010年01月08日

トミカの保管にお勧め「ばんじゅう」

以前のんパパさんに教えていただいた「フードテナー」という商品をトミカ収納に便利に使っていたのですが、リンク先のコメリドットコムでの扱いがなくなってしまったようなので、代わりのものを探したところ、「ばんじゅう」というものが見つかりました。

↓クリックすると購入ページにジャンプします。
(サンコー)ばんじゅうA【1万円以上送料無料】[楽天]

(サンコー)ばんじゅうA(透明)【1万円以上送料無料】[楽天]

商品名は「サンコー ばんじゅうA」というようです。楽天では扱っているショップが他にもありますが、ここが一番安かったので試しに購入してみました。購入価格は「ばんじゅうA」が1,680円、透明タイプが1,990円です。楽天の中で最安値とはいっても、フードテナーよりだいぶ高いです。

banjyu01.jpg
これが「ばんじゅう」です。漢字で書くと「番重」と書くみたいです。
食品を入れる箱で、重ねられるものを「番重」と呼ぶようです。

さっそくトミカを入れてみました。
banjyu02.jpg

フードテナーと同様に、レギュラーサイズのサック箱なら12×13=156個入ります。Lサイズだと8×13=104個入ります。
banjyu03.jpg

半透明タイプもあったので買ってみました。
banjyu04.jpg

さっそくトミカを詰め込んでみます。
banjyu05.jpg

私は番号順に入れているのでレギュラーサイズとLサイズが入り乱れているのですが、箱のサイズを揃えれば美しく収納できると思います。

以前使っていた「フードテナー」と比べると、内寸の高さがほんの少しだけ浅いことが分かりました。画像の左が「フードテナー」、右が「ばんじゅうA」です。
banjyu06.jpg

重ねたときに箱がつぶれてしまっては困るので入念に確認しましたが、ちょうどピッタリの寸法のようです。ちょっと見た限りでは問題はありませんでしたが、寸法に余裕がないので、注意する必要があるかもしれません。

※追記
フードテナーでは深さ方向に若干の余裕がありましたので重ねるときに滑らせて乗せることができましたが、「ばんじゅうA」では深さがほんのわずか浅いことに加えて底面の補強が太いため、滑らせるとサック箱にダメージを与えてしまいますので、きちんと垂直方向に上げ下げすることが必要なようです。

というわけで、重ねてみました。下から「フードテナー」「ばんじゅうA透明タイプ」「ばんじゅうA」です。
banjyu07.jpg

透明タイプだと中身もバッチリ見えます。コレクターとしては「ムフフ」な仕様なんですが、フードテナーの2倍の価格は痛いです。
banjyu08.jpg

あと重要なこととですが、「ばんじゅうA」は持った瞬間重いことに気がつきます。計測はしていませんが、体感で1.5倍から2倍くらい重いです。樹脂が分厚くできていて、裏面の補強パターンもしっかり入っています。もちろん透明タイプも同じです。
banjyu09.jpg

フードテナーにトミカを満載するとたわんで中央部が下がってしまうのですが、「ばんじゅうA」だとその心配はなさそうな気がします。トミカを詰め込んで持ち上げたときの安定感がまるで違います。フードテナーとの差額は数百円ですが、私としては、納得できる感じです。

ちなみに、私は画像のような感じで「フードテナー」を積み重ねています。半透明の「ばんじゅうA」なら、もっと楽しい絵になりそうです。
banjyu10.jpg

[買い物情報] 投稿者 はるてん : 2010年01月08日 06:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://hellototomica.com/apps/mt-tb.cgi/282

このリストは、次のエントリーを参照しています: トミカの保管にお勧め「ばんじゅう」:

» トミカの整理法 from ScramBlog
息子にトミカを買い与えているうちに、自分自身がその魅力にはまってしまい早2年以上が経ちました。毎月発売されるものと、毎月廃番となるものの計4種類をコツコツ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年05月08日 00:08

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?